Google Earth

Google Earth 7.1.3.22.3

Google製バーチャル地球儀ソフト 衛星写真、地図、地形、3Dの建物の表示やストリートビューに対応

完全な説明を見ます

賛成票

  • 地球全体の俯瞰に加えて、好きな場所の拡大表示ができる
  • 通りを歩くように、街並みの画像が閲覧できる
  • 地上のほかにも、海中の写真や、天球の星座、火星や月などを見ることができる
  • 現在の地図情報だけでなく、過去の画像も閲覧できる

反対票

  • 高度な機能が搭載されている分、リソースを多く消費する

最高峰
-

Google Earth(グーグルアース)は、地球全体から自宅の近所まで、3Dマップをマウス操作で自由に見て回れるバーチャル地球儀です。現物の地球儀とは違い、好きな場所を拡大表示できる上、視点を変えて山を横から見たり、通りを歩くように街並みの画像を閲覧したり、地域情報を検索・表示させたりなど、様々な楽しみ方ができます。日の出から日没までの日の当たり方を確認できるサインライト機能などもあります。自宅に居ながら世界の名所を巡りたい人や、沢山の角度からエリア情報を調べたい人にお勧めです。旅行の下見やおもしろスポットの探索にも便利です。

Google Earthは、人工衛星から撮影された地表の画像、建造物のCG、地図データ、ストリートビュー(人手による市街撮影画)などを組み合わせることで、地球全体の俯瞰やビルの形状確認、地上から見た街並みの閲覧を可能にしています。画面をスクロールして地球儀を回し、気になるところがあれば拡大して 、現地の様子や情報にズームインして克明に見ることができます。地上のほかにも、海中の写真や、天球の星座、火星や月などを見ることができます。地図の左側に表示されるメニュー画面では、表示スタイルを指定したり、目的地を検索したりできます。現在の地図情報だけでなく、第2次世界大戦時のベルリンや、街が繁栄する以前の砂漠で覆われたラスベガスなど、過去に撮影された地表の画像も閲覧できます。

地図上の場所や建造物には、メモを入力しGoogle Earthのユーザーと共有する事ができます。市街地に記入されている各種店舗情報を調べたり、月面に記載されているアポロ11号の着陸に関する記事を読んだりといった使い方が可能です。

多少残念なのは、場所により地図の精度や情報量が異なることです。今後のバージョンアップで、高度なエリア情報が表示できる範囲の拡大を期待しましょう。実際Googleにより、地図の情報や新たな機能がGoogle Earthには日々追加されています。なお、Google Earthは高度な機能が搭載されている分、リソースを多く消費するため、PCによっては動作が重たく感じられるかもしれません。

Google Earthは地図情報の検索、地理の教育、ビジネス、アミューズメントなどに活用することができる奥深いツールです。あなただけの楽しみ方を見つけましょう。

Mac版Google Earthはこちら
Android版Google Earthはこちら
iPhone版Google Earthはこちら

Google Earth

ダウンロード

Google Earth 7.1.3.22.3